旅客機が貨物機??

スポンサーリンク
パイロット
パイロット

先日珍しいフライト、旅客機を使って貨物機として飛びました。

自宅にて

金曜日の午後あるベトナム人機長から電話がかかってきました。
「明日僕の代わりにホーチミン~ハノイ往復飛んでくれない?」
仕事の少ない今月。願ってもないお話。もちろん即答 OK!

安請け合いしてよく見ると朝4時離陸・・・3時にまでに出頭しなきゃならんから1時半起床か・・・。
まあ、いいや。ベトナムの雨季は午前のフライトが楽
天気もいいし、午後はゆっくりできるし。早起きは苦じゃないし。

空港に着いたらまだ真っ暗。セキュリティのお兄ちゃんに開けてもらって誰もいない空港内へ・・・
初めて見ました、人のいないターミナルビル。

 

ディスパッチルームにて

ディスパッチルームに入りながら「シンチャオ~」って誰もおらんぞ。
「エモォ~~~イ」(ベトナム語で年下に対しての “すみませ~ん”)
眠そうな目をこすりながら出てくるディスパッチャー。
準備してたフライトドキュメントを渡して(ほとんどの書類は iPad にダウンロードですけけどね)また仮眠室へ消えました。
こういうところ、ベトナムらしくて好きです(笑)

コパイ君もまだ来てないな・・・寝坊かな・・・。まぁいいでしょ。

さて、書類をじっくり見てますと、予定乗客数はゼロ人。あ~フェリーフライトか。
ん?なんだその割にはえらい重いぞ。
カーゴ(貨物)フライトだ。
乗客の減ったこのコロナ渦。エアライン各社、客室に荷物を搭載するカーゴフライトで息を繋いでいます。

カーゴは初めてだな・・・。あれ?何するんだっけ?
確か4月頃インフォメーション出てたはず。
ふむふむ・・搭載状況を確認して、CA 2人と貨物の管理者 1人が乗るので脱出用ドアを決めて・・・などなど。

NOTAM(航空情報)を確認してみると・・・着陸予定時間にハノイ滑走路閉鎖してるやん。
定刻で離陸したら上空待機しなきゃならんわ。
眠りについたディスパッチャーを再び「エモォ~~~イ」。
「30分ほど遅らせたいんだけど」と説明するとハノイの本部に連絡。
答えは「フライトプランそのままでいいからキャプテンの好きにして」。
このテキトーさもベトナムの好きなところです(笑)

 

機内にて

コパイ君も来たし、さて飛行機に行ってびっくり。
いくつかのお客様用のシートが外され荷物がどっさり。それが上の写真です。
ぎっしり10トン以上。宅配会社のチャーターだそうです。
全てがっちり固定されてました。

フライトは快適。お客様乗ってないんで、少々の揺れは気にしなくても大丈夫。

ハノイに到着すると、荷物を降ろして、すぐ帰り便の再搭載。
もちろん人力。沢山のスタッフが協力して搭載してます・・・三密・・・考えないようにしましょう(笑)

私達パイロットは何も出来ないので、せめて暑くなった機内温度を下げてあげましょうとフルコールドにセット。
全然下がりません(涙)。機内温度30℃。

大変な仕事だなと改めて思わされました

 

感謝

早朝に叩き起こされるディスパッチャー、深夜に又は炎天下のなか搭載をしてくれた地上スタッフの方々、整備その他の方々、本当にいつもありがとうございます。

感謝しながらホーチミンに帰るとします。

天気もいいし、お客様もいないし、最近やってなかったオートランディング(自動着陸)でもしようかな。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

下の「ベトナム情報」クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

コメント

  1. 僻地在住 より:

    初めてコメントします。
    かれこれ十数年、ホーチミンに住んでいます。
    タンソンニャット空港滑走路延長線上に家があり、空を飛んでる飛行機を日常的に見るのですが、日によって着陸・離陸の方角が違います。
    これは何によって決まるのですか?

    • XV9OKXV9OK より:

      僻地在住さん
      コメントありがとうございます。
      離着陸の方向は風の向きによって変わります。
      タンソンニャット空港は東西に滑走路が延びておりまして、通常は西に向かって離着陸します。
      飛行機は基本的には向かい風で離着しますので、東寄りの風が強くなると東に向かって離着陸をすることになります。
      タイミングは管制官が決めています。