出前一丁 カルボナーラ風

スポンサーリンク
男料理
男料理

香港製の出前一丁が手に入りましたのでカルボナーラ風にアレンジしました。

ベトナムではなかなか日本のインスタントラーメンが手に入りません。
先日友人からこの香港製「出前一丁」を頂き大事とっておりましたが、これをアレンジして美味しくいただきました。
ベトナムで手に入る材料だけで作ってます。

 

材料

出前一丁:1 (インスタントラーメンお好きなもの・・・味噌系がお勧め)
各種野菜:好きなだけ
ハムでも豚肉でも:好きなだけ
黒コショウ:好きなだけ
ニンニク:1片(みじん切りでも、薄くスライスでもお好きなように)
たまご:1個
バター:大さじ一杯
牛乳:400ml

 

作り方

1.鍋にサラダ油をひいてニンニクを軽く炒めます。香りが立ったら、その上からハム、肉類を炒めます。

2.色が変わってきたら野菜を放り込んで一緒に炒めます。

3.ここで禁断のバターを投入・・・馴染んできたら、牛乳を入れて沸騰させます。

4.沸騰しましたら、麺を入れて3分煮込みます。

5.煮上がったら火を止め、どんぶりに煮上がったスープを少し移し粉末スープを溶かします。

6.残りのラーメン、野菜をどんぶりに入れ、熱いうちに上から溶き卵を回すようにかけます。

7.表面の黄身が固まりだしたら食べごろです。お好みで黒コショウをたっぷりかけて出来上がり。

 

コツ・ポイント

ラーメンに付いている粉スープは先にどんぶりに入れておきましょう。
牛乳は沸騰すると噴きこぼれそうになるので要火加減調整
今回は冷蔵庫に余っていたキャベツ、ニンジン、玉ねぎ、もやし、シイタケを使いましたが、なんでもオッケーです。切り方?適当に一口サイズです。

溶き卵をいい具合に固まらせるために、火をを止めて溶き卵を掛けるまでは時間勝負。てきぱきやっちゃって下さい。

日本では普通に手に入るのにベトナムでは入手困難な材料、食材がけっこうあります。
手に入る物だけで作るのがコツ。

どうせ一人で食べる男料理です。大胆に、適当に、好きなだけ。これが一番!!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

下の「ベトナム情報」クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

コメント

  1. 小林 より:

    ことばで「好きなだけ、お好きなように」 この辺が良いですね。

    カルボナーラ風には見えません。 どう見ても「ラーメン」でなく「具だくさんちゃんぽん」ですね。

    • XV9OKXV9OK より:

      小林さん
      コメントありがとうございます。
      見かけはちゃんぽんですが、お味はクリーミーですよ(笑)